加入收藏 | 设为首页 |

音标-吉永慎二郎《「春秋」新研讨》出书

海外新闻 时间: 浏览:202 次
音标-吉永慎二郎《「春秋」新研讨》出书

「春秋」新研讨

時間:2019年5月

出书單位:東京:汲古書院

作者:吉永慎二郎 著

我国哲学・哲学史研讨・思维史研讨及び歴史研讨において、春秋経テキストの成書問題は千古の難問である。

孔子制造説などの経学的通説はさすがに相対化されているが、春秋経は客観的な春秋時代の魯国の歴史記述であるとしてその基軸の上に構築される理論や学音标-吉永慎二郎《「春秋」新研讨》出书説は後を絶たない。それは従来の春秋音标-吉永慎二郎《「春秋」新研讨》出书及び左伝研讨では春秋経テキストそのものを相対化する視点が生まれてこなかったからである。

本書の、『原左氏伝』からの『春秋左氏経』と『左氏伝』の建立、さらに『春秋左氏経』からの『春秋経』の建立という、従来の視点のコペルニクス的転換による見地と論理が初めて春秋経テキストの相対化、即ち歴史実証的な方音标-吉永慎二郎《「春秋」新研讨》出书位づけ、の橋頭堡を提起したことになる。ここに本書の研讨の独創性と意義があると言えよう。